アンダーキャットの考察日記



カテゴリ:レストラン( 2 )


LE BERNARDIN(ル ベルナルディン)

c0157628_85333.jpg
かなり身分不相応なのですが、先月ニューヨークのミシュラン三ツ星レストランに行ってきました。普段あんまりそういうのに縁がない私なのに、なぜかって?

それはですね、過去ログにあるアルケッチャーノの奥田シェフの知人のシェフが

「ニューヨークに行ったら必ず"ル ベルナルディン"に行かんとな」

と、おっしゃっていたから。

単純で素直な私?ですので、「じゃあ、早速いってみるべ」と思ったわけです。

2007年度版ミシュランガイドではニュヨークで3件のみレストランが三ツ星に輝いています。"ル ベルナルディン"はその一つ。シーフードの最高峰と称されるほど、威厳のあるレストランです。

ドレスコードも決まっており、見渡す限り男性は全員ジャケット着用。女性もオシャレで高級感のある装いのマダムが目立ちました。この日は私とダンナもがんばってドレスアップ。。。いやはや性に合いませんが、マナーなので仕方ありませんねぇ。。。

メニューは全てプリフィックス。前菜、メイン2品、デザートの中から好きなものを選べます。前菜は生で、メインになるにつれて火の通し方が徐々に強くなります。私は前菜にカレイ(FLUKE)のセビーチェ、メインにハマチのマンゴソース和えとガンギエイ(SKATE)のバーボンとライムソースかけをいただきました。ワインはソムリエさんに選んでもらったシーフードに合ったRED。美味しかったです(名前忘れちゃいました)。

感想:フレンチだけど、斬新で新鮮。世界中の料理のテイストを良いトコ取りで器用にフレンチに盛り込んでいる技術には圧巻でした。そういう意味でニューヨークのシーフードレストランで上はいないと思います。でもやっぱりフレンチ、ソースの味が若干強い。魚の味が最大限に活かされていないかも?と思いました。それは、多分魚の味を寿司や刺身としてずっと"生"で味わってきた日本人の舌の感想でしょうね。


Overall(全体として)サービス、ワインの種類、食材、料理の技術でやはり三ツ星だと感じました。おおげさ過ぎない行き届いたサービスが提供できる小粋なお店って、実はあまり多くないですもんね。

それにしても、チェック(お会計)みてぶったまげた。。。
もちろん承知はしていましたが、お値段も最高峰ってことね(汗)。。。。

いろんな意味で身分相応?になったその暁にまた来たいお店です。
c0157628_86124.jpg
LE BERNARDIN
155 West 51st Street
New York, New York 10019
Tel: (212) 554-1515
[PR]
by makaleo | 2008-03-23 08:09 | レストラン

小龍包


中国人(北京出身)の友人のyuanちゃんのお誕生日のお祝いで、小龍包が評判のお店"JOE'S SHANGHAI"に行ってまいりました。今回は私がいつも行くチャイナタウン店やフラッシング店ではなく、ちょっぴりファンシーな店構えのミッドタウン店でのお食事です。

チャイナタウンに比べると、小龍包の数が少ないのに値段は高い!ミッドタウンなんで仕方ないのですが、ちょっと腑に落ちませんねぇ。

今回は北京出身のyuanの他に、上海生まれ米国育ちのMBA保持の才女という強い味方もおりましたので、日頃のワンパターンなオーダーを脱して絶対に私は頼めないであろう本場の料理をオーダーすることができました♪ 

昼食にインドカレーを食べたので、あまり食欲は無かったのだけど、目の前に食べ物が出されればパプロフの犬同様一気に食欲もわいてくるってもんです。

定番の小龍包を2つ平らげ、上海名物のミートボールとか、白身魚の不思議なソース和えとか、茄子のピリ辛ソース炒めとか(料理を修飾する語彙の少ない私をお許しください)美味しかったです。

中国語でオーダーされたので、メニュー名も?です。


ま、美味しければいっかー。


デザートにはyuanちゃんの同僚の優しいUちゃんが買ってきてくれたケーキが出て来ました。ありがとう。美味しかったです。


yuanちゃんは、日本のケーキが大好き!
実は日本語も少し話せる日本好きの少女。
日本語をちゃんと学校で学んでいるらしいです。
写真を撮るのも大好きで、あの2時間の間に食べながら50回くらいはシャッター切ってたな(笑)。もちろん女子高生がやる、あのピースもできます。

最近は彼女と日本語での会話も成り立つようになってきました。
えらい!あ、そういえば彼女はスペイン語も話せるんだった!

このスペイン語、ニューヨークではとっても使用頻度が高いのです。
yuanの話せる言語:中国語いくつか、英語、スペイン語、日本語少々。すっげー!!



話の流れから北京と上海の言葉も違うという話になりました。
MBA保持の才女によると、中国では数えきれないくらいの言語が存在するらしい。地域によっては、使用人口が少なすぎて消滅寸前の言語もあるそうな。

中国ではみんなマンダリン(標準中国語)を学ぶのだそう。そういう意味でマンダリンはアメリカでいう英語的な役割を果たしているのだなぁと納得。



ここはアメリカだから共通語としての英語が話せないと、いろんなことにリミットが生じる。

その上でこの国ではバイリンガルであることを求められる場が多い。もはや英語だけでは就けない仕事もある。よく新聞欄でみかける"Bilingual (Spanish/English)"だけど、私はスペイン語が話せないから、どんなに職種気に入っても最初からアウト。

一応、日本語と英語話せるけど、やっぱりネイティブのようにはいかない。
でもとりあえず、"Bilingual (Japanese/English)"の仕事には応募できるけど。。。


ほんと、yuanみたいに愛嬌と才能のある子はどこでもやっていける。


えっと、私のスペイン語の学習はおおいに滞っております。。。
見習いたいけど、血が違うからだろうか。。。ちゃんと頭に入りません。



腹一杯になった帰りに、レストランの一階で奇妙な笑みを浮かべた福の神のような置物をみつけました。


掲げられたボードには書かれた文字を見て爆笑!
(いまだにこういうのに食いつく私…)


思い出した。そういや、高校生の時にバイトしてた中華料理店のお店の名は「珍満」だった。よく、同級生の男子にバカにされていたっけ(笑)。


この置物、私には中国のエロスの神様みたいに見えてしまったけど
きっと中国的解釈はやっぱ違うんだろうな。。。



JOE'S SHANGHAI(ミッドタウン店)
24 W 56th St., New York, NY 10019
TEL 212-333-3868

c0157628_1532127.jpg

[PR]
by makaleo | 2008-03-18 15:01 | レストラン


ニューヨークに暮らすGデザイナー&美大生。日々の悶々とした考察について綴っています。※ブログの写真や記事の無断転載お断り
カテゴリ
全体
手作りせっけん
ニューヨーク
お気に入り

つぶやき
ヨガ
考察
映画
レストラン
健康ネタ
旅行
アート
未分類
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧