アンダーキャットの考察日記



最近のマンハッタンの賃貸事情


学校も終わったし、アパートの契約も切れるし、いろいろプランもあるし、、この度引っ越しをすることに決めました。

で、どこに住む?って話になるのですが、またマンハッタンで今より少し安めの2bedroomのアパートがいいなぁ〜と、ずいぶん甘い考えを持っていました。。

全く知りませんでしたが、ニューヨークはここ最近なかった賃貸マーケットの高沸騰で家賃はうなぎのぼり。私が現在のアパートに引っ越して来た頃は、ちょうどリーマンショック直後で、探せばまだ手頃な物件があったのに。。それが今では冗談抜きにあり得ないくらいの高額!もちろんロケーションによるけど、古くて汚くて狭いアパートでもマンハッタンであれば「え、、これでこの値段取るの?ぼったくりじゃん!」という物件ばかり。

決して景気はよくないのに、このマンハッタンの賃貸事情にクラクラ目眩が。。現在は借り手より貸し手がかな〜り強気の市場のようです。。

その理由の一つに現在のマンハッタンのアパートのvacancy rate、いわゆる空室率が1%以下というのことが挙げられるそう。。この狭い島にギュウギュウ詰めで人が住んでいるわけで、そもそも空室が少ない。。だから、それほど良い条件の物件でなくても数時間で契約が決まってしまうという状態。マンハッタンの住宅事情、恐ろしや〜。


もちろん、そんな過酷なアパート争奪戦に参戦する気力も興味もなく、10件以上がっかりするアパートを横目でチラリとみて「ブルックリンもみてみようかしら。。」という結論に至りました。ブルックリンも決して安くはないけど、少なくても広さや条件と家賃がマンハッタンに比べればマッチしています。


いや〜、マンハッタンの微妙なお部屋ばかりを見て回った目に、ブルックリンの開放感ある間取りと清潔感ある改装済のアパートは眩しかった。。

で、即決めちゃいました。時間をかけて探せばたくさん選択肢がありそうなブルックリンですが、うだうだいわず最初にみたアパートに決定。迷うと無駄に心身ともに疲れてしまうので、ピンと来たらすぐ決めるというのが何事に対しても良策だと思っています。しかし、今回はピンと来たというよりも、汚れた水を飲んだ後に、普通の水道水が美味しく感じるという状態でした。

恋愛や結婚でもそういうパターンはよくある話。普通に慣れると欲が出るのが人間。ブルックリン生活どうなるかな〜。

まぁ、なるようになるでしょう〜〜。。
[PR]
by makaleo | 2012-07-01 12:01 | ニューヨーク
少し話ずれながら、続き… >>


ニューヨークに暮らすGデザイナー&美大生。日々の悶々とした考察について綴っています。※ブログの写真や記事の無断転載お断り
カテゴリ
全体
手作りせっけん
ニューヨーク
お気に入り

つぶやき
ヨガ
考察
映画
レストラン
健康ネタ
旅行
アート
未分類
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧