アンダーキャットの考察日記



どうにでもなれ

最後にコートを買ったのは何年前だろう。覚えていないくらいだから、ここ2〜3年はあるものを何となく来ていたんだろうな。。こんな私だが昔は洋服大好きっ子で、ある時期は狂ったように洋服を買い漁っていた。しかも好きだったのは尖ったデザインのUKブランドもんだったので、二十歳で既に借金数十万円を抱えていた。。社会人になりしっかり毎月返済してたけど、ある時からぱったりそういう服を欲さなくなり、カジュアルに〜ナチュラルに〜ライフスタイル全体が自然な方面に流れて行った。我ながら極端な方向転換だと思ったが、気張っていたから緩〜くなったというのは納得できる。若い頃って、自分の体を洋服で着飾ったり、針をさすなどして破壊的な自己顕示に走りやすい傾向があるけど、単純に欲しいものは欲しいというワガママで純粋な気持ちに正直だったとも思う。好きな人に対してもそうだったな。ふむ。

多感な思春期には、誰に否定されてもどうでもいいと思っていた反面、共感できる人に出会いたいという矛盾した気持ちを持ち合わせていたから、洋服は人を選ぶ判断基準になった。でも実際そういう出会い方をした人とは薄っぺらいつながりしか持てなかったけど。かわいー、かっこいー、みんないうし、いわれるし。でも服脱げばみんなと同じもんがついてるタダの人。自分も然り。

とにかく、人間社会ではあたりまえの「服を着ること」を昔とは違った風に日々繰り返しているこの頃。気にしているのはデザインよりサイジングとカラー。値段はその後。。。だから時々痛い出費がある。。。

先日、SOHOの画材屋にキャンバスの額を買いに出かけた。ご存知のようにSOHOにはごまんとハイエンドのブランドSHOPが軒を並べている。いつもなら完全素通りなのに、ビシッ!とひとつのダウンジャケットに目がとまった。サイズぴったりかも?なんて思って試着なんてしてみたら、あら、私の人生史上最高のフィット感。が、「これください」って普通に店員さんに伝えてクレジットカード渡したら、ゼロいっこ間違った?っていう値段だった。。。おーーのーーーー。。。

返す?でもこのサイズ感はもう出会えないかもよ?でもさ、学費払わないとだし。。貯金使えばいいじゃない?でも〜。。。めんどくさいなお前、じゃあ仕事増やせば?と、自分の中のふたりが相談?中。。で、もう半分やけくそでお店を後にした。あ〜あ〜突然ファッション貧乏になっちまった。。私のお財布の中身に反して、外はまだ夏の陽射し。いろんな意味でそうめんの日々が続くだろう。でもなんだ?この爽快感にも似た感情は。そういえば、高い買い物の「どうにでもなれ感」は癖になるって中村うさぎが言ってたっけ(笑)。もうやらないけど。。いや、やれないけど。。。
[PR]
by makaleo | 2011-09-03 14:48 | ニューヨーク
<< 大学4年生 ハリケーンアイリーン >>


ニューヨークに暮らすGデザイナー&美大生。日々の悶々とした考察について綴っています。※ブログの写真や記事の無断転載お断り
カテゴリ
全体
手作りせっけん
ニューヨーク
お気に入り

つぶやき
ヨガ
考察
映画
レストラン
健康ネタ
旅行
アート
未分類
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧